●【無料】加圧式顔筋トレ【RPゲームで無料体験】♪

■加圧式顔筋トレのモニター募集の方は、こちらへ!

▲加圧式顔筋トレ改善事例ページは、こちらへ?
↑無料モニターさんの改善事例を紹介しています

【目のくぼみ陥没】が気になる方はこちら


♪目の下が気になる方はこちら♪

♪頬が気になる方はこちら♪

♪口が気になる方はこちら♪

♪首/アゴが気になる方はこちら♪

加圧式表情筋エクササイズ(mi-aメゾット)

只今ライブ配信リクエスト受付!コメントお待ちしています

新方式の表情筋トレーニング方

頬がコケるウエイトをかけて筋トレしよう

頬がコケて顔に影が出る

老け顔を改善するには

頬筋にウエイトをかけて

鍛えます

頬筋体操だけをしていても

ふっくらとした頬にはなりません

ウエイトをかける事で

筋肉が太くなっていきます

頬コケを改善するには

頬筋を大きく発達させていく

それには負荷をかけて鍛えます

ダンベルやバーベルの代わりに

身近にある指や手を使ってウエイトをかけ

頬筋を引き上げる(え)の口の体操をします

ウエイトをかける力も最初は

小さくし柔軟性ができたら

負荷をかける指の角度を変え

ウエイトを引き上げて

トレーニングしていきます

頬コケは顔の輪郭部分の落ちなので

輪郭部分の筋肉を発達させないと

改善しないでしょう

顔の体操だけでは輪郭まで

鍛える事は困難ですが

指や手を使うことで

顔の端まで筋肉を動かす事が可能性になります

それには負荷をかけて鍛える事で

大きく柔軟性を作ります

頬コケの改善は

大きな筋肉の発達と

顔端まで届く柔軟性が必要です

ウエイトをかけて

筋肉の発達と柔軟性を作っていこう!

**********


加圧運動で横ストレッチ(柔軟)上ストレッチ(柔軟)をつけよう♪

加圧式表情筋トレーニングとは?(参照)


5種類の基本エクササイズと上下左右の加圧する角度の組み合わせで

一部分を強化していきます





★★


マリオネットライン改善ウエイトをかけよう

マリオネットラインのタルミは


アゴ下の筋肉の引き締めと




アゴ端の筋肉の引き上げで改善していきましょう


口を開く体操で筋肉を引き締めていきますが




普通に体操をしても酷いタルミは改善しにくく


途中で断念しがちです


ウエイトをかけてエクササイズする事で


筋肉の運動量はより強化されます


ウエイトは器具は使用しません


指や手を使って負荷をかけます


マリオネットラインはアゴと頬の


筋肉の衰えなので


アゴを強化する口角を下げる(へ)の口と


頬を引き上げる (え)の口でトレーニングします


ウエイトはいづれも左右の角度で


負荷をかけてエクササイズします




口角を下げる(へ)の口は


指を置く位置を輪郭の骨の上


口角を上げる (え)の口は


指を置く位置を口角の真上にします


いづれも圧縮のウエイトをかけながら


口を動かしエクササイズしていきます

**********


加圧運動で横ストレッチ(柔軟)上ストレッチ(柔軟)をつけよう♪

加圧式表情筋トレーニングとは?(参照)


5種類の基本エクササイズと上下左右の加圧する角度の組み合わせで

一部分を強化していきます





★★


アゴと首が繋がるウエイト体操でタルミ改善

アゴのタルミフェイスラインの落ちは

アゴ下の引き締めで改善していきましょう

アゴ下を引き締めていくには

口を動かして体操をしていきますが

タルミが酷い場合

普通に体操をしただけでは

中々引き締まってくれません

ウエイトをかけて体操をする事で

運動量が倍になり

タルミ改善も早めてくれます

アゴ下にウエイトをかけるとは?

どのようにしていくのか

タルミが出てくる隙間に入る

器具などはありませんので

指や手をつかい器具の代用としてトレーニングしていきます

口を動かす体操は(へ)の口をして

口角を下げます口角を上手く下げられないと

ウエイトをかけても効果は出ませんから

(へ)の口で口角をさげる訓練をしていきましょう

しっかり口角が下がってきたら

指でウエイトをかけていきます

アゴの丁度真下辺りに指でタルミを挟み込むように

圧縮し(へ)の口で口角を下げて

体操をします

指でアゴを挟んで体操する事で

挟んだ分だけ筋肉が膨張します

繰り返しエクササイズする事で

弛んでいるアゴ下も引き締まってくるでしょう

ウエイトの掛け方は少しつづ強く大きくかけていきます

ウエイトを上げていく事で筋肉の引き締まりも

大きくなっていきます

**********


加圧運動で横ストレッチ(柔軟)上ストレッチ(柔軟)をつけよう♪

加圧式表情筋トレーニングとは?(参照)


5種類の基本エクササイズと上下左右の加圧する角度の組み合わせで

一部分を強化していきます





★★


眉間のシワ改善(額から頭部)に張りをつけよう!

顔が縮む事で引き起こる

眉間のシワ

何度もしかめる表情をすると

顔の中央の筋肉が硬直し下に下がっていきます

下へ下がる力と比較して上で支えている力の

バランスが崩れてしまうと

タルミになり眉間にシワが寄ってしまうのです

上で支える筋力があればタルミは生じません

眉間にシワが出来るのは

上で支えている額から側頭部〜頭部の

筋肉の落ちなのです

眉間のシワを解消(消す)するには

側頭部から頭部まで引き上げる筋力が必要です

側頭から頭部は日常ほとんど動かせていません

さらにタルミができるほど

加齢の筋力低下になっているために

いきなり動くようになりません

はじめは動く範囲から

トレーニングを開始していきます

顔筋のよく動く範囲

目と口周辺

側頭部から頭部を動かすためには

皺眉筋の柔軟性と口角を引き上げる柔軟性を

連動させながら鍛えます

ごく簡単な顔の体操で

眉と口を上げる柔軟性ができたら

ウエイトをかけて更にトレーニングしていきます

ウエイトをかける範囲と力を強くする事で

ゴールである側頭部から頭部まで

動くようになってくるでしょう

**********


加圧運動で横ストレッチ(柔軟)上ストレッチ(柔軟)をつけよう♪

加圧式表情筋トレーニングとは?(参照)


5種類の基本エクササイズと上下左右の加圧する角度の組み合わせで

一部分を強化していきます





★★


首のシワ改善!(首元と後頭部)を引き締めよう

首のシワは日常何気なくする動作の

繰り返しでいつの間にか太く深くなっていきます

加えて後頭部の筋肉の落ちで

シワからタルミへと進行していくのです

首周辺の筋肉は普段動かしているようで

其の実はほどんど動かせていません

まずは首を縦に伸ばすストレッチからはじめてみてください

アゴを突き上げるだけでも伸びます

首のシワ改善から解消させていくには

縦方向だけではなく

左右に斜め

また上へ引き上がる筋肉の柔軟性が必要になります

その内の一つ引き上げの柔軟性をつくるには

後頭部が動くしなやかな筋肉が必要になってきます

後頭部まで筋肉を伸ばすには

(へ)の口でアゴ下の強化からはじめていきます

アゴ下がスタートでゴールは後頭部です

アゴ下から真っすぐ首の後ろまで

筋肉の膨張を作っていきます

それには(へ)の口で口角をさげる

柔軟性をつくり

さらにウエイトをかけてトレーニングしていきます

ウエイトをどんどん掛けていく事で

一部分の強化と柔軟な筋力が出来てくるのです

f:id:miyamezoto:20170504125158p:plain

後頭部まで筋肉の膨張ができれば

手で後頭部を掴み大きく口をあけ

後頭部を圧縮させて引き締めます

後頭部の引き締めで筋肉がつけば

首の酷いタルミは改善していくと思います

**********


加圧運動で横ストレッチ(柔軟)上ストレッチ(柔軟)をつけよう♪

加圧式表情筋トレーニングとは?(参照)


5種類の基本エクササイズと上下左右の加圧する角度の組み合わせで

一部分を強化していきます





★★


顔が伸びる(上唇挙筋)を発達させよう!

若い頃は締まった顔つきだったのが

年齢を増すごとに間延びした印象になる

顔が伸びた印象を受けるのは

上唇挙筋の衰え

表情が出ない方は

得に筋肉の落ちが酷く

唇と鼻の間が開いていくと思います

鼻中心2〜3㎝のエリアは日常動かす機会が少なく

衰えやすい顔筋です

f:id:miyamezoto:20170421205039p:plain


顔の体操をしても

其の部分だけを鍛える事は

困難な箇所

顔伸びを改善するには

上唇挙筋を発達させます

一部分だけを発達させるために

ウエイトをかけながら

トレーニングしていきます

負荷をかける事で発達させたい

部分だけを強化する事ができるのです

ではどうやってウエイトをかけるか?

自分の指や手で負荷をかけていきます

間延びしてる気になる部分に指をおいて

上下に負荷をかけて顔のエクササイズをします

鼻中央から2〜3センチのエリアは得に動かない

部分です

一番動く箇所から上唇挙筋を鍛えます

日常常に使っている筋肉を強化する所からはじめていきます

口角を引き上げる(え)の口で上ストレッチの柔軟性を十分につけていきましょう

大きく動く上ストレッチがつけば

上唇挙筋の上に指を置きウエイトをかけて

エクササイズしても引き上がってくれると思います

ウエイトをかける前段階の基本エクササイズから

はじめていきましょう


**********


加圧運動で横ストレッチ(柔軟)上ストレッチ(柔軟)をつけよう♪

加圧式表情筋トレーニングとは?(参照)


5種類の基本エクササイズと上下左右の加圧する角度の組み合わせで

一部分を強化していきます





★★


目尻下がり改善(側頭部まで伸びる)筋肉をつけよう!

目尻の下がりは日常無意識にしている


表情が原因で引き起こります

いつも笑顔をたやす方は目尻下がりが酷くなってしまいますね

笑顔をしてみてください

目尻から頬骨周辺に硬直感が出ると思います

何度もする事でその部分だけにGが掛かってしまい

下へ伸びていくと考えてください

目尻を上へ引き上げるには

下へ伸びる力よりも

上へ引き上げる強い筋肉をつける事で

目尻下がりのGに対抗できるのです

コメカミから側頭部を指で引っ張ってみてください

目尻下がりはどうなりますか?

ピンと張った目元になるなら

上にある筋肉が衰え支えられなくなっているのです

目尻下がりを改善するには

どこを鍛えないといけないかわかると思います

原因個所を見つけたら

そこに張りを戻すにはどうすればいいかです

側頭部を鍛えるには

そこまで動く筋肉に作り変える必要があります

側頭部まで伸びる筋肉です

顔の体操は動く範囲がごく狭く大きく

範囲を広げていく必要があるのです

基本は顔の体操ですが

広げていくためにウエイトをかけてトレーニングします

指や手で負荷をかけて体操する事で

ウエイトがかかりより強く柔軟な筋肉になっていきます

側頭部まで伸びるしなやかな筋肉をつくり

顔の体操では改善しない目尻さがりをUPしよう!




**********


加圧運動で横ストレッチ(柔軟)上ストレッチ(柔軟)をつけよう♪

加圧式表情筋トレーニングとは?(参照)


5種類の基本エクササイズと上下左右の加圧する角度の組み合わせで

一部分を強化していきます





★★